ホーム>PBCスタッフブログ>話題の商品>お勧めサンケア(紫外線カット)化粧品のご紹介☆
話題の商品

お勧めサンケア(紫外線カット)化粧品のご紹介☆

数年前まで住んでいたサンディエゴでは毎日日差しが強かったです。
そういう環境では、本当に気をつけないと
どんどん老化が進んで行きます。 えっ?日差しでと思われるかも知れませんが・・

紫外線の中のUVAが肌の奥深く入って、弾力や保湿にも役立っているコラーゲンを破壊し、繊維の生成力(繊維芽細胞)をも弱めてしまい老化も促進するので、子供の時から皮膚の薄い(血管もうっすらと見えているような)私にはテキメンです。 血管なんて見えていないと言う人も、日本人女性は殆どの人が薄いので安心はできません。 また、目の周りは皮膚の厚さが1/5以下なので、特に影響を受けやすいです。 それに不幸な事に、目のまわりのたるみは特に老化を感じやすい・・
ううっ(苦笑)

20135484638.jpg

                ディオプティジェル10g 3,500円

ところで日焼け止めクリームですが、アメリカ製では、数値がこれでもかという位高いものがあります。 ところがこの紫外線吸収剤というのは、皮膚に負担をかけることが多く、あまり数値の高いものを常用していると、かえって肌へは悪影響となり、これもしわやたるみなどにつながります。

http://sunscreen.alamode.tv/spf_pa.html

日焼け止め効果は十分にあって、肌に比較的負担の少ない成分を、紫外線防止剤と言わずに、紫外線吸収剤という言い方をしたり、もっと肌に負担の少ない酸化チタンや、酸化亜鉛などを使ったりもしています。
そして、中にはそれ以外の天然の紫外線吸収剤を使われたりもします。

20135482854.jpg

                   ビューティーソルト525円                       耳かき1杯の少量を化粧水150mlに加えるだけでも紫外線カット力UP! 

 


また、SPF値についても、実際は紫外線B波の色を黒くする紫外線についての表示なので、黒くやけても白くなればという人には関係ないように感じますが、一番怖いのは、紫外線

A波、そして皮膚癌にも結びつくC波、またそれ以上にいろいろな光線が届いていると言われています。 C波なんて地球に届かないと思っている人もいるかも知れませんが、フロンガスによるオゾン層の破壊も問題になっている程です。


日焼けして赤くなるのに、約25分かかる人がいたら、SPFの数値が15の場合は25分の15倍、30の場合はその30倍効果が長持ちするという事でもあります。


長持ちするという意味なので、短い時間ではあまり強い数値では意味がありません。 それよりもつけなおしたり、紫外線カットが出来る下地クリームやファンデーションを重ねる事によって、肌をまもりながら紫外線吸収度を上げた方が得策と言えます。 


そして、すくなくともお肌の老化につながるA波だけはくいとめたいものです・・ 

そこで、SPF値とは異なり、B波以外のA波でも、紫外線から肌を守ることを表したPAというにも注目されることをお勧めします。

PAにつけて+ ++ +++ ++++ と段々と高くなります。


お勧めは、SPFは25~35位の質の確かなものにして、 PAを重視して、海やプールなどでは何度かつけなおしたりすることです。

 

  2013549049.jpgプレセランス クレームソレール(サンプロテクト)メークベース30g 3600円 SPF30 PA++プレセランス 



 

 


*******************************************************



SPF値はSun Protection Factorの略で主に日焼けの原因であるUVBの遮断率を表している。SPF25の場合は、無対策の場合と比較して紫外線が1/25になり、SPF100は1/100になる。PAはProtection of UVAの略で、UVAの遮断に対する効果を表している。




★PAは+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階で表記される。PAがSPFと異なり、数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する良い分析法が存在しないためである。



********************************************************




また、日焼け止めを塗る前に、日ごろの肌への保湿もしっかりとして、出来れば、美白や消炎効果のある美容液やクリーム



も下に塗っていた方が、SPFやPAも何重にかなり、さらに効果があります。 もちろん紫外線散乱剤が入っているパウダーなどのファンデーションもそうです。 また、保湿することによって、肌自体が紫外線を通しにくいお肌になります。




誰でも大体は認識している内容だと思いますが、やはり日本でとアメリカでの認識が違うようで、たまに日本ではどうなのと



聞かれる事がありました。 




実は殆どが天然の紫外線吸収剤というのもあって、日焼け止めを使う下に使うととっても良いです。 アマチュアミュージシャンの女性が、野外ライブの日にすごく暑くて周りの人は真っ黒になっていたけど普段の日焼け止めだけより、その天然のものだけの方が効果があったと言っていました。 その彼女は元々は脂性の厚みもある肌で人によって違うので、私はやっぱり上に何か肌への負担がなく効果的な日焼け止めを塗るのですが・・




お勧めの紫外線カットをしてくれるUVシリーズは、こちらのHPのお勧めにて、ご紹介しています。 その中にスイスのスキンケアのラコリーヌというブランドで、ホワイトニングシリーズも扱っていますので参考にしてくださいね!




 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pbc-shop.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

PageTop